富士山五合目自然解説(6月9日)

6月9日に奥庭にて地元小学生に自然解説をさせていただきました。

午前と午後にそれぞれ回ったのですが、昼休みに一人で回って写真を撮ってきました。

ガイド時には少し雲があって、なかなか山頂が見えなかったのですが、一人で歩く時には晴れるという、ガイドあるある。


普段は花の写真を撮るのが好きですが、ガイド時に紹介する木の根。


凍裂。


西風の影響を受けるカラマツなども資料として撮影しておきました。


あとは自己満足として・・・


カラマツの雌花。


奥庭のマイヅルソウも蕾が出来始めました。


フジハタザオは咲いてます。


コケモモの蕾は場所によってステージや雰囲気が違いますね。


ベニバナイチヤクソウ。


未熟なのは蕾がかたまっていて成長するにつれて縦長になるようです。


コアカミゴケ密集。


シロバナノヘビイチゴは実ができるのが待ち遠しいです。


ツバメオモト、今年も見れました。


ミヤマハンショウヅルは開花しているのもあります。


ツマトリソウは花盛り。


ハクサンシャクナゲも開花が待ち遠しいです。


コメツガの松ぼっくり。


ヒメミヤマウズラ。


などなど、富士山五合目周辺の植物は日毎に賑やかになってます。

この先も楽しみです。

カテゴリー: 自然案内 | コメントする

富士山五合目自然解説(6月2日)

6月2日に富士山五合目で自然解説をさせていただきました。

お中道で地元小学生をガイドしましたが、空いた時間で奥庭からお中道を通して歩いて調査してきました。

日本で一番遅く咲く桜、タカネザクラ。


葉のギザギザの先が丸まっているのが特徴の一つらしいです。


奥庭からの富士山。


先日ガイドで奥庭を回った時に気になった植物を撮りながら。

シロバナノヘビイチゴ。


ミヤマハンショウヅル。


ツマトリソウ。


コメツガの松ぼっくり。


ヒメミヤマウズラ。


カラマツの松ぼっくり。


二つ並んでいるのがありました。


もっとたくさん並んでるのがありました。


コケモモの蕾は先日からあまり変わっていませんでした。


ベニバナイチヤクソウ。


マイヅルソウの蕾はたくさん見つかりました。


マイヅルソウの花は葉が二枚にならないと出てこないと聞いていたので、珍しいのを見つけたと思ったのですが、よくみたら葉が二枚ありますね。


タケシマラン。

地味な花が咲いています。

五合目は日毎に色あざやかになっています。

これからも楽しみです。

カテゴリー: 自然案内 | コメントする

富士山五合目自然解説(5月31日)

5月31日の富士山五合目でガイド以外の時間に調査でお中道を歩いてきました。

朝自宅を出る時は雨でしたが、五合目に到着すると雲の上でした。

前日の雨でしっとりしていたので、調査とは関係ありませんが、思わず水滴を撮ってしまいます。


タケシマランだと思います。


モンローリップことコアカミゴケ。


先日はほとんどなかったベニバナイチヤクソウは蕾がたくさん見つかりました。


コケモモの蕾も膨らんできたかな?


カラマツの若い松ぼっくりは思ったほど増えていませんでした。


でも、盆栽のようなカラマツの赤ちゃんが目立ちました。


ダケカンバはまだ葉が生えていません。


オンタデは芽が出始めています。


水滴が可愛いのでまた撮ってしまいました。


コケの胞子嚢?についた水滴ですが、二つまとまっているとカエルに見えませんか?


ハクサンシャクナゲも開花が楽しみです。


シラビソの若芽。


後半になってようやく気の早いマイヅルソウの蕾がいくつか見つかりました。


ガイドは午後からで、地元小学生と奥庭を歩きましたが、あまりにもいい天気だったので思わず写真を撮りました。

カテゴリー: 自然案内 | コメントする

富士山五合目自然解説(5月26日)

5月26日に富士山五合目自然解説員として活動してきました。

ガイドは奥庭でしたが、ガイド中はカメラを持たないので、空き時間に行ったお中道の調査の写真です。

霧がかかっていた、サルオガセが良い雰囲気でした。


この時期ならではのカラマツの若芽に混じって雄花。


こちらは雌花。


受粉後のステージだと思います。


できたばかりの松ぼっくりは色あざやかです。


気の早いベニバナイチヤクソウ。


コケモモの蕾はたくさんありました。


ミネヤナギの雄花。


ミネヤナギの雌花。


ミヤマハンノキの雄花にルリハムシがたくさんついていました。


最後はコアカミゴケ。


後半は天気も良くなり、気持ちよく歩くことができました。

富士山五合目にも春がやってきている感じです。

カテゴリー: 自然案内 | コメントする

2022富士山五合目自然解説員スタート

今年も富士山五合目自然解説員をさせていただくことになり、5月6日に今年初の富士山五合目に行ってきました。

御中道など、まだ通行止の箇所があり、下見としてあまりたくさん歩くことはできませんでしたが、雪の重さでダケカンバが曲がっている様子がとてもよくわかる場所がありました。


そして同じ原因と考えられますが、道路脇の鉄の棒も曲がっていました。

写真ではわかりませんが、周囲の環境を観察すると、これも雪の重さで曲がってしまったのではないかと考えられます。

今年の自然解説も楽しみです。

カテゴリー: 自然案内 | コメントする